不思議の国のアリスのグッズ専門店なら通販がおすすめ!

不思議の国のアリスの魅力とは?

おすすめのアリスグッズの紹介をする前に、せっかくなので不思議の国のアリスのあらすじを簡単に紹介させていただきます。
 
不思議の国のアリスは、主人公の少女アリスが懐中時計を使ってしゃべる白うさぎを追いかけて、うさぎの穴に落ちるところから始まります。
穴から落ちた先には不思議な国が広がっていて、そこからユニークなキャラクターたちと出会いなから、様々な冒険を経験するというお話です。
 
物語の中でアリスは、身体が小さくなったり大きくなったりしながら、白うさぎや森の中で出会ったイモムシ、そして口の大きなチェシャ猫などのキャラクターと不可解な行動をしたり、お茶会に参加したりしながら、最終的に美しいバラが生えた庭園にたどり着きます。
“クビをはねなさい!”が口癖のトランプのハートの女王により命じられたトランプの兵隊たちにアリスは追い回されますが、逃げているうちに“起きるのよ”と姉の声に呼びかけられて目を覚まして、物語が終わります。
 

女の子が冒険をするという面白さ

これまでの物語では、冒険するのは大体が男の子という設定が多くありましたが、不思議の国のアリスの場合は、主人公である少女アリスが不思議の国で様々な冒険を繰り広げることに大きな魅力が隠されています。
好奇心旺盛で怖いもの知らずのアリスは、不思議の国の中でユニークなキャラクターたちに出会いながら、非現実的な世界を遊び心たっぷりに駆け抜けていきます。
冒険を通して子どもらしさが引き立てられた不思議の国のアリスは、現代の少女の象徴的存在として、様々な作品や創作物、そしてグッズのテーマとして使用されています。
 

数学者である著者の影響が反映された作品

不思議の国のアリスは、イギリスのルイス・キャロルが1865年に発表した児童文学作品です。
不思議の国のアリスの著者として有名なルイス・キャロルは実は数学者や論理学者としても活躍してきた人物であり、彼が好む42という数字が作中に散りばめられています。
また、言葉遊びが好きな作家として知られていた彼は、不思議の国のアリスのストーリーの中にも、謎かけや韻を踏むような言葉をあちこちに散りばめています。
何度読んでも飽きることなく、いつも新しい気持ちにさせてくれる面白さは、細部にまで強いこだわりを感じられる不思議の国のアリスならではの魅力です。